about us 看護部について
看護部について
Nursing department

宝塚市立病院看護部

< トップへ戻る

市民の健康といのちを守る

宝塚市立病院の理念は、“市民の健康といのちを守る”ことです。
正規職員、臨時職員、看護補助者合わせて約400名の職員が日々看護に努めております。

看護部長あいさつ

看護部長 野田洋子 Diverse Nurse. Diverse Career
GREETING FROM
A DIRECTOR OF NURSING DEPARTMENT

ひとり一人の看護師が、きらきらと輝き活躍するために。

2035年、健康先進国をめざす日本。
めざす未来は、子どもからお年寄まで、患者や住民、医療従事者まで、すべての人が安心していきいきと活躍し続けられる社会です。

宝塚市立病院の理念は、 “市民の健康といのちを守る” ことです。
私たちは、この共有する価値観を具現化できるよう、一人ひとりの看護師の能力開発を支援し、きらきらと輝き活躍できる場を創出していきます。

患者を尊重し、実現したい暮らし方、働き方、生き方を理解し、それらの実現にむけて最善を尽くせる看護師、多様な価値観や人生観を持つ仲間を尊重し、職種の枠を超え、チームでコトを成し遂げられる看護師、それが私たちの求める看護師像です。

宝塚市立病院 看護部長 野田 洋子

理念・方針

宝塚市立病院看護部では、以下に示す理念と基本方針に基づいて看護師一人ひとりが、高度な医療を支える質の高い看護の実践に努めています。

IDEA
看護部理念
私たちは常に患者様を尊重し、個々のニーズに応じて質の高い看護サービスを提供するよう努めます
POLICY
看護部方針
1. 医療の動向に目を向けた看護の提供に努めます。
2. 職業的倫理観と科学的根拠に基づいた看護の提供に努めます。
3. 専門職として常に学習し、後輩の指導及び看護学生の育成に努めます。
4. 地域住民の健康・福祉の向上を目指し、職能を生かした社会活動に努めます。

宝塚市について

写真:JR宝塚駅
ABOUT MANY ATTRACTIONS
OF TAKARAZUKA CITY

宝塚市は兵庫県南東部に位置し、市域は南北に細長く、住宅地が広がる南部市街地と、豊かな自然に囲まれた北部田園地域から成っています。
市街地から大阪や神戸へはいずれも電車で30分ほど。年間877万人もの観光客が訪れます。「歌劇と温泉のまち」として知られているほか、安産祈願の中山寺や、かまどの神様として有名な清荒神清澄寺など、市内には古い歴史を持つ神社仏閣が数多くあります。
このほか、阪神競馬場やゴルフ場など観光・レジャースポットがいっぱい。
豊かな自然に囲まれたハイキングコースや、まちなみの散策も魅力の一つです。また、山本の植木産業は数百年の歴史があり、伝統的植木生産地域としてその名を全国に知られています。

宝塚市ホームページ
BLOG

ブログ

記事一覧

CONTACT

ご応募のお問い合わせのほか、インターンシップのお申し込み、資料請求などを受け付けています。
その他、何かご不明な点があれば何でもお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ